グループ

キーワード

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


モバイル

Feed

ビル清掃の基本と実務 総合テキスト

東京ビルメンテナンス協会 建築物衛生管理委員会
●2,530円(内税)
●A4判 158ページ
●2014年6月 発売

商品概要


 これまで従事者研修用の教科書の多くは、初心者用のテキストか、ビルクリ検定受検者を対象とした内容の難しいテキストかのいずれかでした。東京ビルメンテナンス協会は、初心者からステップアップをめざす人のため、講習を初級(Bコース)と中級(Cコース)に細分化。これまでの『ビルの清掃管理と作業実務』を見直した新たなテキストです。
 全ページ2色印刷、写真や図を多用しており、『ビルクリーニング科教科書』よりも理解しやすい内容になっています。清掃現場で働く方、マネージャーを目指す方、教育の担当者にとってとても参考になる1冊です。

目次


第1章 ビルの環境衛生 
 第1節 ビル清掃とは
  1.人はなぜ清掃をするのか
  2.ビル清掃の目的
  3.ビル清掃の波及効果
 第2節 作業の基本と区分
  1.ビル清掃の5原則
  2.ビル清掃の実際
  3.ビルの清掃区域
 第3節 業務管理と品質評価
  1.業務管理とは
  2.作業計画と作業手順
  3.業務の評価と改善(インスペクション)
 第4節 ビル清掃に関する法律
  1.建築物衛生法

第2章 ビルの汚れ
 第1節 汚れの知識
  1.汚れとは
  2.汚れの原因と種類
 第2節 ビルに見られる汚れ
  1.要因別に見る汚れの例
  2.建材・部位・場所ごとに見る汚れの例
  3.汚れと汚れでないものの区別
  4.汚れの変化
  5.汚れの判定

第3章 洗剤と床維持剤
 第1節 洗剤
  1.洗剤の歴史
  2.洗剤の成分
  3.洗剤の液性
  4.ビル清掃で使用する洗剤
  5.洗剤を使用する際の注意事項
 第2節 床維持剤
  1.床維持剤とは
  2.フロアポリッシュ(床用ワックス)とは
  3.樹脂ワックスの皮膜ができるメカニズム
  4.樹脂ワックスの使い方
  5.樹脂ワックスを使用する際の注意事項
  6.その他の特殊な床維持剤

第4章 建材別の手入れ法
 第1節 樹脂系床材
  1.ビニル系床材
  2.リノリウム
  3.ゴム系床材
 第2節 繊維系床材 
  1.カーペットの分類
  2.カーペットの管理
  3.カーペットの洗浄方式
 第3節 石質系床材
  1.天然石材
  2.セラミック系床材
  3.テラゾ
 第4節 木質系床材
  1.フローリング
  2.コルク床
 第5節 床以外の建材
  1.金属材
  2.塗料・壁装材
  3.ガラス材
  4.プラスチック製品

第5章 機械器具の種類および使用法 
 第1節 ポリッシャー(床みがき機)
  1.ポリッシャーとは
  2.ポリッシャーの操作
 第2節 真空掃除機(バキュームクリーナー)
  1.真空掃除機とは
  2.真空掃除機の機種
  3.真空掃除機の操作
 第3節 自動床洗浄機
  1.自動床洗浄機とは
  2.自動床洗浄機の機種
  3.自動床洗浄機の操作
 第4節 カーペット洗浄機
  1.カーペット洗浄機とは
  2.カーペット洗浄機の種類
  3.作業上の注意
 第5節 清掃用具

第6章 場所別の手入れ法 
 第1節 共用区域の清掃(1)玄関・通路・階段 
  1.玄関ホール、ロビー
  2.廊下、階段、エレベーターホール
 第2節 共用区域の清掃(2)トイレ・洗面所
  1.トイレ・洗面所
  2.湯沸室
 第3節 共用区域の清掃(3)昇降運搬設備
  1.エレベーター
  2.エスカレーター
 第4節 専用区域の清掃
  1.事務室
  2.ブラインド
  3.給排気口
  4.喫煙室
 第5節 外周・外装および管理用区域の清掃
  1.外周
  2.屋上
  3.ガラス
  4.サッシ
  5.管理用区域

第7章 ビルの廃棄物処理 
 第1節 ビルから排出される廃棄物
  1.ビル内廃棄物の種類
  2.ビル内廃棄物の量
  3.ビル内廃棄物の質
 第2節 ビル内廃棄物の処理作業
  1.ビル内廃棄物処理の体系
  2.ビル内廃棄物の収集と運搬
  3.系内中間処理作業と注意点
  4.廃棄物の保管作業と集積室の管理
  5.搬出時の注意点
 第3節 廃棄物処理の今日的課題
  1.循環型社会の促進
  2.ビル内廃棄物の処理と安全対策
  3.誤廃棄の防止
  4.剥離廃液の取り扱い

第8章 労働安全衛生 
 第1節 災害の発生状況
  1.ビルメンテナンス業における災害の発生状況
  2.代表的な災害事例と原因
 第2節 災害発生のメカニズム
  1.転倒・転落災害はなぜ多いのか
 第3節 災害発生の防止・予防対策
  1.<転倒>災害の防止
  2.<転落>災害の防止
  3.<無理な動作>災害の予防
  4.電気機械・器具を使用する場合
  5.洗剤や薬品を使用する場合
  6.針刺し災害
 第4節 無災害のために
  1.5S
  2.保護具
  3.作業(安全)マニュアル
  4.健康管理
 第5節 第三者への配慮
  1.第三者を巻き込む災害
  2.作業前の準備
  3.作業中の注意
 第6節 災害予防のための手法
  1.ヒヤリハット運動
  2.KYT(危険予知トレーニング)
  3.災害事例の活用(水平展開)
  4.指差呼称
  5.リスクアセスメント

第9章 作業従事者の心得とマナー 
 第1節 従事者としての自覚と作業上の注意
  1.従事者としての心得
  2.誠実なサービスの提供
  3.各種管理業務の修得
  4.情報収集と技術習得
  5.作業上の注意事項
 第2節 職場マナーと人間関係づくり
  1.職場におけるマナー
  2.団体行動と人間関係
  3.守秘義務と個人情報の保護



型番 0829
販売価格 2,530円(内税)
購入数